自動車税が未納のままだったら

自動車税が未納のままだったら売れないのか

自動車を所有していると毎年4月1日時点で誰の名義になっているかでその使用者または所有者のもとへ自動車税の納税義務が課せられます。

 

その自動車税を未納のままでいると、どうなるのか知っていますか?

①延滞金が追徴される。

 

②車検が受けられない。

 

③その車を差し押さえされる。

 

④口座を凍結される。

以上のように①から順にレベルが上がっていきます。

 

 

では、自動車税に関してもう少し詳しく説明しましょう。

 

まず、普通乗用車と軽自動車とでは納税する先が違うのはご存知でしょうか?

 

普通乗用車・・・都道府県の税務署

軽自動車・・・市町村区の役場

 

だからと言って、納税義務にはなんの差もありませんが、上記のように自動車税が未納のままの場合車検を受けることができません。また、車検時に自動車税を納めることもできますが、普通乗用車は陸運局にて納税することができるのに対し、軽自動車は直接、市町村区の役場まで足を運ばなければなりません。また、普通自動車は納税証明書が不要ですが軽自動車は必要です。延滞金に関してはその年の8月31日までに納めればかかりません。

 

その日(8月31日)を境に督促が頻繁に来るようになります。封筒の色も最初は水色やグレーで『納税のお願い』といった文面から黄色やオレンジに変わり『いついつまでに支払ってください』最終的には赤い封筒で『警告 差し押さえします』『口座凍結します』などの文面に変わってきます。

 

 

しかし、このあいだに、税務署へ電話などで話し合いができていればそういった文書はほとんど届きません。何度も督促を無視し、納税する意思がないという悪質な場合のみ車両の差し押さえや口座凍結が実行される極めて稀なケースと言ってもいいでしょう。

 

税務署の納税課の担当と話し合いは気軽にしたほうが良いです。彼らも結局は公務員です。ヤミ金の取り立てのような取り立ては一切しません。仮に電話での督促で執拗に支払いを迫られたら担当を変わってもらいましょう。

 

自動車税は1500ccクラスであれば年間で34500円です。この支払いが難しければ分納といって分割での支払いも対応してくれます。とにかく未納のまま放置することは悪い印象しか与えなく差し押さえや口座凍を早期に実行せざる負えなくなりますので、まずは相談することですね!

 

また税務署や市町村区役場は個人の銀行口座を監視できますので預貯金があるにも関わらず未納のままだとその預貯金口座から強制的に引き落としされることもあります。

 

自動車税を納めてない車を売るには

では、自動車税を納めていない車を売るにはどうすればよいでしょうか?

 

売却先の車屋さんや買取店は車の査定と同時に納税の確認をします。そこで未納の場合、買取を拒否する業者もいますが、大半は査定金額から未納の税金を差し引きで買取る業者が多いのです。

 

しかし、査定金額が0円や税金を下回る場合はやはり先に税金を納めるしかありません。。。

 

いえ、一つだけ方法があります!

 

査定0円、査定金額が自動車税以下場合は買取業者に対し、抹消登録を条件に買取してもらい、支払い義務がある税金は税務署に分納のお願いをすれば先に税金を納める必要はありません。

 

 

その場合、車検が数カ月でも残っていれば、重量税と自賠責保険料も還付対象となりますので結果、その還付金で自動車税を納めたり、おつりができたりと得することも多いのです。査定価格に満足いかない場合は抹消した時の還付金まで計算して売却したほうが良いでしょう。

 

 

納税後に売却する落とし穴

また、車を所有しておきながら使用することなく車検切れのまま放置している車には車検が切れた時点で自動車税は停止されます。逆に自動車税を納税後に売却、廃車した場合、その翌月から3月までの月数分の自動車税は月割にして還付されます。

 

意外と知らない方が多いことなんです。納税後まもなく売却すれば『そういえばこの前、支払った税金はどうなるの?』と気づく方入るでしょうが、税金自体を後払い(昨年度の税金)と勘違いしている方が少なくありません。また、良心的な業者さんであれば聞かずとも説明してくれますが、『え?税金込みの査定金額ですよ』と言い包められ損するケースも多いのです。

 

 

税金は払わないといけないものですが、還付されることを知らない方は意外に多いのです。

 

 

 

岡山で廃車の査定は走行した距離が少ない方が査定にプラスとなります。走行した距離が長い方が岡山で廃車が劣化するからです。そうはいっても、走行した距離のメーターを操作するとそれは詐欺ですから、走ってしまったものは仕方ありません。この後からは、岡山で廃車を売ることを頭に入れておき余計には走り過ぎないようにした方がいいと思います。近頃では、スマホ人口は増加の一途をたどりつつありますが、岡山で廃車の査定も勿論スマホで申し込めるようになっています。パソコンを起動させなくてもネット上にあるオンライン一括査定のサービスを使えるということですから、時間の短縮になり手間も省けるというものです。査定額をなるべく高く出してくる理想の買取業者を探すため、査定は数社に申込んでみるのが良いでしょう。岡山で廃車査定用アプリも随分出てきましたので、それらを使うことでもっとスピーディに業者が見つかるようになるかもしれません。インターネットを使うことで、岡山で廃車査定のおおよその相場が分かります。大手中古岡山で廃車買取業者のサイトなどを見ることで、岡山で廃車買取価格のおおよその相場が分かります。相場を知っていれば、相場より安く売って損してしまうこともないので、事前にしっかりと確認をしておくようにしましょう。ただし、岡山で廃車の状態によって変動するので、必ずしも相場のままの価格で売れるとは限りません。事故にあった岡山で廃車でも査定は申し込めますが、査定金額はまず低くなってしまいます。とは言っても、事故岡山で廃車であるということを隠そうとしてもプロである査定員は事故岡山で廃車と分かってしまうので、マイナスのイメージになります。残念ながら事故のダメージがひどい場合は、事故岡山で廃車専門で行っている中古岡山で廃車買取業者に査定を頼むといいでしょう。その方がより高い査定金額をつけてくれることも出てきます。岡山で廃車を買取業者の査定に出したくなったら、まず買取業者は一社ではなく複数使って査定を受けるようにし、洗岡山で廃車して汚れは落としておき、査定に必要な書類は用意しておきます。言うまでもないことですが、後々余計な厄介ごとを引き起こすことのないように、修理歴があることなどは査定に響くからといって黙っておくことはしないで申し出ておきましょう。もし査定額にどうしても納得できない場合はそこでの売却は断念し、無理はしないことです。岡山で廃車の査定を業者にネットで頼みたい場合ですが、個人情報を書き込まないといけなくなっているところが全てとは言いませんが九分通りといった状態です。買取業者を探して電話するのも面倒だし、ネットで手早く査定に出したいところではあるものの、電話をかけてこられたりするのは面倒だし迷惑だとして、ネットでの査定をやめようと考えてしまうかもしれません。ただ、ここのところ、個人情報の記載は不要で岡山で廃車種や年式といった岡山で廃車の情報をインプットすると買取額が大体わかるようになるサイトもいくつか出現していますので、試しに利用してみるのはいかがでしょうか。中古岡山で廃車の査定額は一言で言うと買取業者によりけりです。愛着のある岡山で廃車を安く買われてしまっては無念ですから、そうならないよう、業者をあわてて決めずに見積もりをいくつもの業者から出してもらうようにします。ですが、ネット上で依頼して出てきた見積もり額と買取業者が岡山で廃車を調べて出してくる査定額とは差があるのが普通ですので、そこは気を付けておきましょう。極端な話、ネットの見積もりで高額査定を出しておきながら、相場よりずっと安い査定額をつけてしまう所謂悪徳業者もいるのが現実です。自動岡山で廃車の査定をするときには、スタッドレスタイヤを装着したままではなく、標準タイヤにしておいた方がお勧めです。スタッドレスタイヤはマイナスの査定となってしまう要因です。もし、状態がいい場合はスタッドレスタイヤも岡山で廃車とまとめて買取をしてもらえることもあるかもしれませんが、すり減って溝がない状態になっていると、逆に処分のためにお金を払う必要があるかもしれません。岡山で廃車検切れの岡山で廃車は査定を申し込めるかどうかですがまったく問題なく査定は受けられますが、ただし岡山で廃車検を通していない岡山で廃車の場合公道走行不可ですから、持ち込みでなく出張査定を頼むことになります。岡山で廃車検を通して売却を試みようとするよりかは、もう岡山で廃車検は切らしておいたまま売却した方が、岡山で廃車検代を思うと絶対にお得ですから、きっぱり出張査定を受けてしまうのが良いです。そしてこんな時も一つの会社に査定を頼まずいくつかのところで査定を受けるようにすると少し面倒に思うかもしれませんがメリットは大きいです。業者による岡山で廃車の査定の際は、ちゃんと洗岡山で廃車を済ませておくべきです。買取業者の査定員がたとえ海千山千であってもやはり人間なので、洗岡山で廃車すらしてもらえない汚い岡山で廃車より手入れの行き届いたきれいな方に良い点数をつけたくなるというものです。岡山で廃車の汚れについてはそれだけでなく、汚いままだと、わずかなへこみや小さな傷の有無が黙認できませんから、そのため安く査定されてしまうかもしれません。それから岡山で廃車を洗う時には外装だけでなくタイヤまわりなどに溜まった汚れも落としておくといいでしょう。自分の岡山で廃車を売りに出すときの手順としては、一番初めに一括査定をインターネットなどで申し込みます。中古岡山で廃車の買取業者によってこちらの打ち込んだ情報から査定額が出てきますから、その中で、査定額が高い業者や信頼することができそうな業者に自分の岡山で廃車をみてもらい、査定をしてもらいます。査定の結果に満足ができたら、契約をして岡山で廃車を買い取ってもらいます。お金はその日ではなく、後日の振り込みが普通は多いです。中古岡山で廃車買取業者を利用して岡山で廃車を売りたい場合、査定を一社に任せてはいけない訳は別の業者を利用していれば高く売れていた可能性が高いと推測されるからです。最近ではインターネット上で簡単にいくつかの業者に同時におおまかな買取額を出させてどこが一番高く買ってくれそうなのかがわかります。少々手をわずらわせることになるかもしれませんが、多くの業者によって査定を受けておくと最終的に査定額アップに繋がることが期待できます。買取業者に岡山で廃車の査定を頼みたいのであれば、複数の業者に見積もりを頼める一括査定サイトは便利で重宝します。しかし一括査定を申し込むと、業者からの営業電話はしばらくひっきりなしですし同じ様に営業メールも来るということは理解しておいてください。これを避けたいなら着信拒否機能を活用できるよう申し込みの時に携帯番号だけを入力し、メール書き込み欄には捨てアドレスを入れておきます。それから、ネットではなく実際の岡山で廃車の査定の方も業者は複数利用するのがおすすめです。買取業者の査定を控えた時点で、岡山で廃車についてしまった傷やへこみをどうしたものかと悩む人は結構多いみたいです。小さくて浅い、自分で修理可能な傷だったら、直しておくにこしたことはありませんが、お金をかけて修理に出すことはありません。どうしてかというと修理して査定額が上がったとしても修理代金の方が大きくなってしまうからで、そこそこ大きな傷は直さずにその状態であまり気にせず査定を受けてしまいましょう。実際の岡山で廃車を業者に見てもらう査定では、業者の訪問で行う出張査定もなかなか人気があるようです。業者に来てもらえるのでやはりとても楽で、運転しなくて済むのでガソリン代も浮きます。楽ですがしかし、頼みを断れないタイプの人は自宅まで業者に出張してもらう形よりも、自分で買取業者のお店まで運転して査定を受ける方がいいかもしれません。業者に対して遠くまで足を運ばせてしまった等、申し訳ないような気持ちになると、普通ならのめない要求でものんでしまう可能性があり、業者の思う通りに取引が進むでしょう。

 

ページの先頭へ